【薬剤師専用】人気の医薬品卸会社の求人ランキング

薬剤師求人医薬品卸 TOP >> 医薬品卸への転職の基礎 >> 医薬品卸会社の薬剤師の忙しさはどう?

医薬品卸会社の薬剤師の忙しさはどう?

医薬品卸会社で働く薬剤師には、いろいろな役割が期待されます。薬事関連の業務、品質管理業務、医薬品情報業務、社員教育指導業務などいろいろな仕事があるので、非常に忙しそうなイメージがあるのですが、どうなのでしょうか?医薬品卸会社の公式ホームページや医薬品卸会社で働く薬剤師の声を参考に、業務の忙しさについて考えてみたいと思います。

■MSに比べれば業務は落ち着いている
医薬品卸会社にMSという仕事があります。開業医や調剤薬局に足を運んで薬の販路を開拓する営業の仕事になりますが、そうした仕事に比べると医薬品卸の管理薬剤師の業務は落ち着いているといえます。例えばMSにはノルマがあり、数字を追い掛けながら精神的プレッシャーと戦わなければいけません。単に労働時間の長さだけでなく、仕事の厳しさもあります。しかし医薬品卸会社の管理薬剤師は、MSを後方支援する立場にあるので、精神的なプレッシャーもありませんし、就業時間も朝の9時から夕方の18時前後で終わりです。もちろんMSと製薬会社のMRの間で板挟みに合うといった心労はあるみたいですが、基本的にそれほど忙しくはないといえます。

■医薬品卸会社で仕事をしたい場合は?
ただ、医薬品卸会社によっては、管理薬剤師が専門以外の仕事を兼務させられるケースもあるようなので注意が必要です。特に中小零細の医薬品卸会社の場合は、管理薬剤師の仕事の領域がはっきりと決まっておらず、いろいろな仕事に駆り出される職場も多いようです。落ち着いた環境の医薬品卸会社で働きたい場合は、転職エージェントなど第三者の転職支援サービスを利用して、業務が安定している大手から準大手の医薬品卸会社を紹介してもらうといいです。転職エージェントは履歴書の作成や面接の練習も併せて行ってくれるので、転職活動にも有利に働きます。

以上、医薬品卸会社に勤務する薬剤師の忙しさについて考えてみました。基本的に医療品卸会社で働く管理薬剤師はそれほどは忙しくはないようです。ただ、会社によっては楽ではない場合もあるようなので、転職エージェントを利用して、最初から激務の医薬品卸会社の求人を外してもらうといいとも述べました。転職エージェントは登録も利用も完全に無料なので、優良な医療品卸会社を探すためにもお勧めです。

医薬品卸会社の薬剤師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>医薬品卸会社の薬剤師求人ランキング・詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 【薬剤師専用】人気の医薬品卸会社の求人ランキング All Rights Reserved.