【薬剤師専用】人気の医薬品卸会社の求人ランキング

薬剤師求人医薬品卸 TOP >> 医薬品卸への転職の基礎 >> 医薬品卸会社での薬剤師の仕事内容

医薬品卸会社での薬剤師の仕事内容

薬剤師というと、病院や薬局などでの仕事が思い浮かびますが、医薬品卸会社でも、多くの薬剤師が活躍しています。医薬品卸会社での薬剤師の仕事内容は、販売先や商品が限定されることが多いので、より深い知識が必要になる場合が多くあります。一般的な薬は、製薬会社で製造された後、医薬品卸会社を通じて病院や薬局に販売されています。つまり、医薬品卸会社は、製薬会社と病院や薬局の中継ぎの役目をしています。医薬品卸会社では、薬事法で、必ず1人以上の管理薬剤師を配置しなければいけないことになっています。

医薬品卸会社での薬剤師の仕事内容には、さまざまなものがあります。管理薬剤師としての知識を使うものはもちろんですが、社内の事務処理などもおこないます。事務処理の中には、薬品在庫の管理やデータ処理などもありますが、薬事法を基にした、法律に関する専門的な事務も含まれてきます。そのため薬剤師には、法律に関する正しい知識も必要になってきます。

病院や薬局では、患者さんの症状に合わせた薬が処方されますが、それに対応できるように、病院や薬局のニーズに応じた医薬品が揃わなければなりません。病院や薬局に医薬品を卸している会社が医薬品卸会社なのですが、病院などは複数の医薬品卸会社と取引がありますので、いかにニーズに的確に、そして迅速に対応できるかが取引を成功させる上では、とても大きなポイントになってきます。そこで活躍するのが、薬剤師の存在です。医薬品卸会社で直接営業をするのは、MS(Marketing Specialist)といわれる営業担当者です。MSは、病院などの販売先への説明をおこないますので、医薬品の正しい知識を教育していく必要があります。MSが働きやすいように、商品知識や薬事法、健康保険法などを指導するのも、薬剤師の重要な業務の1つになります。また、医薬品卸会社の性質上、薬剤師は、医薬品に関する情報の提供をおこなうことが大切で、新薬についてもいち早く知識を深め、説明できるようにしなければなりません。

薬剤師の日常業務には、会社内での医薬品の品質管理、保管状態の適正維持管理はもちろんですが、その他に在庫管理など基本的な事務処理もあります。医薬品に関する社員教育や勉強会なども開催することでしょうが、その中心になって企画指導をおこなうのも、資格を有する管理薬剤師であることが多くなります。業務の内容や専門性から見ても、医薬品卸会社に勤務する薬剤師には、たくさんの知識が求められます。そのことは同時に、多岐にわたる役割のために、多くのスキルも身につくといえるのです。薬剤師にとっても、商品知識や薬に関するあらゆる知識が深まる点でも、やりがいのある仕事だといえます。

医薬品卸会社の薬剤師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>医薬品卸会社の薬剤師求人ランキング・詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 【薬剤師専用】人気の医薬品卸会社の求人ランキング All Rights Reserved.