【薬剤師専用】人気の医薬品卸会社の求人ランキング

薬剤師求人医薬品卸 TOP >> 医薬品卸への転職の基礎 >> 医薬品卸会社の薬剤師の転勤はどう?

医薬品卸会社の薬剤師の転勤はどう?

医薬品卸会社への転職は、薬剤師の職種のうちでも働きやすいというメリットがあります。勤務時間や休日が規則的で、福利厚生などの職場環境もしっかりと整えられているからです。しかし、会社員の宿命とも言える転勤を避けることはできません。勤め先の状況によりますが、全国展開をしている商社の場合は各地に営業所を設けていますから、転勤は覚悟しておきましょう。

特にMS職として勤務する場合は、転勤は避けられません。例外として転勤がないのは、地域密着型の営業活動を行っている地方の医薬品卸会社などの場合です。営業所を持たず本社だけで卸を行っているなら、転勤は発生しません。とはいえ、医薬品卸会社の統廃合が進んでいます。中小企業の場合は他社に合併されるケースがありますから、そうなった場合は転勤の可能性も出てきます。

実際の求人情報を見てみると、医薬品卸会社大手のアルフレッサが採用条件として、全国勤務に対応できる人としています。ただし、入社直後の勤務地は自宅から通勤できるエリアに配属するよう心がけていると明記されています。転勤を重ねることで社員としての経験の幅が広がりますし、昇格と転勤がセットとなっているケースも多いものです。転勤をネガティブに受け取らず、ステップアップのチャンスととらえることも大切です。

しかし、介護などの家庭の事情で転勤ができない方もいます。また、お子さんのいる家庭では、特に転勤の有無は気になる条件です。転職を希望されている方のなかには、転勤の辞令がでたので退職をしたという人も少なくありません。もし、どうしても転勤ができない事情がある場合は、転勤があるかどうかを確認し、転勤があるなら就職前に正直にその理由を会社側に伝えて理解してもらうしかありません。転勤ができないことを隠して転職をすると、後でトラブルになるので、正直に伝えましょう。ただし、これといった理由もないのに転勤にネガティブな感情を抱いて転勤を拒む場合は、面接官に悪印象を与えてしまいます。面接官は、転勤を嫌がる人よりも、喜んで転勤をしてくれるほかの人を採用するはずです。

断固として転勤が嫌という方は、転職活動の際に転職エージェントを活用することをおすすめします。転職エージェントに登録し、転勤のない医薬品卸会社への就職を希望すれば、転勤の可能性が少ない求人先の紹介や、適切なアドバイスがもらえます。転勤の有無は面接時に自分から聞きにくい場合もあります。そんなときは、転職エージェントの担当者に確認すると、教えてもらえます。

医薬品卸会社の薬剤師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>医薬品卸会社の薬剤師求人ランキング・詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 【薬剤師専用】人気の医薬品卸会社の求人ランキング All Rights Reserved.