【薬剤師専用】人気の医薬品卸会社の求人ランキング

薬剤師求人医薬品卸 TOP >> 医薬品卸への転職の基礎 >> 女性薬剤師の医薬品卸会社への転職

女性薬剤師の医薬品卸会社への転職

薬剤師は3:7か4:6の比率で女性が多いので、医薬品卸会社で働く薬剤師も女性が主体になります。そう考えると医薬品卸会社の薬剤師求人に応募する場合であれば、女性でも問題もなく応募できそうな気がしますが、実際はどうなのでしょうか。医薬品卸会社に転職をしたい女性の薬剤師に向けて、求人の応募時に注意したいポイントなどについて調べてみました。

■意外に男性が重宝される仕事なので要注意
薬剤師は女性の方が多いので、自然と医療品卸会社も女性が中心になりますが、業務の内容を考えると必ずしも女性が有利とはいえない側面があります。例えば医薬品卸会社の薬剤師の業務に教育指導の仕事があります。医薬品卸会社の営業(MS)部隊はほとんどが男性ですが、そうした男性に薬の指導をしなければいけません。

どこの会社もそうだとはいいませんが、営業スタッフは業績やノルマと格闘するストレスに毎日さらされており、プロフィットセンター(会社のお金を稼ぐ部署)は自分たちだと思っているので、管理業務(コストセンター)である薬剤師に敵対心を持っているケースもあります。

しかも「楽して稼いでいる」と管理薬剤師の業務を誤解しているMSも居るので、女性だと対応に困る場合もあります。上司部下の関係でもなく、同じ会社のメンバーで立場を利用した圧力も掛けにくいので、人間関係に苦しんでしまう女性薬剤師も少なからず存在するといいます。そう考えると、会社の側も女性ばかりではなく、管理薬剤師に男性も欲しいと思うかもしれません。女性だから医薬品卸会社の薬剤師には有利だと考えていると足元をすくわれてしまうかもしれません。慎重に準備を進めてください。

■MSと薬剤師の関係が良好な医薬品卸会社の探し方
ちなみに管理薬剤師とMSがお互いを尊敬し、支え合う精神を持っている企業はどうやって探せばいいのでしょうか?どうせならばMS相手にやり合うのではなく、尊敬と協調性を持って仕事を進めていきたいと思う人も多いはずです。MSと管理薬剤師の関係が優れている医薬品卸会社を探したければ、大手転職エージェントに登録をして、各企業の内情に精通したキャリアコンサルタントに希望通りの企業と求人情報を教えてもらうといいです。その手のサービスは企業の内情を把握しているので、理想的な求人を紹介してくれるはずです。登録も利用も無料なので利用を検討してみるといいかもしれませんね。

医薬品卸会社の薬剤師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>医薬品卸会社の薬剤師求人ランキング・詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 【薬剤師専用】人気の医薬品卸会社の求人ランキング All Rights Reserved.